サービス一覧

ISO/HACCP規格認証・運用サポート

HACCP導入支援プラン
(制度化対応)

HACCP制度化とは?

食品衛生法の改正でHACCPが制度化され、2021年6月1日から全ての食品事業者がHACCPに沿った衛生管理を導入し運用することが義務化されました。小規模事業者も業界団体が作成した手引書を活用するなどして「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」に対応する必要があります。
HACCPを導入し運用をする上で最も大事なのは、まずしっかりと制度内容を理解することです。その上で、現場にあった衛生管理計画を作成し対応することが必要です。

サポート内容

山田コンサルティング事務所では、お客様のニーズに合わせて、HACCP導入を支援します。
また、これからHACCPに取り組まれる方にも、基礎からわかりやすく解説し、サポートいたします。

ライトプラン
  • 現状分析
  • HACCP,PRP構築支援
  • 導入支援
ミディアムプラン
  • 現状分析
  • HACCP,PRP構築支援
  • 導入支援
  • 運用教育支援
  • 内部監査支援
コンプリートプラン
  • 現状分析
  • HACCP,PRP構築支援
  • 導入支援
  • 運用教育支援
  • 内部監査支援
  • MS構築支援
  • 食品安全マニュアル作成支援
  • マネジメントレビュー支援

プランの特徴

  • ライトプラン
    HACCP導入までの支援
  • ミディアムプラン
    HACCP導入から運用までを支援
  • コンプリートプラン
    HACCPに加え、マネジメントシステムの構築と運用まで支援

メリット

  • 従業員の衛生意識の向上
  • 衛生管理の見える化
  • クレームや食品事故の減少
  • 作業の標準化と仕組み化
  • HACCP制度化への適合

ISO等規格の認証取得プランISO

サポート内容

  • 全体スケジュールの作成
  • 現状の把握
  • 文書化
  • 内部監査
  • マネジメントレビュー
  • 登録審査

メリット

ISOのマネジメントシステムとは、方針と目標を設定し、その目標を達成するために組織を指揮・管理するための仕組みのことです。導入によって、これまで曖昧だった目標管理やPDCA管理が仕組み化され、経営上の様々な課題が改善されることが期待されます。

運用改善プランoperation

サポート内容

  • 全体スケジュールの作成
  • 現状のギャップ分析
  • 文書のスリム化

メリット

  • コスト削減/人件費、その他経費の削減
  • システムの有効化/マニュアル・規定・帳票のスリム化
  • 人の有効化/人が自発的に動く組織への変化

ISO22000概要

衛生面を含めた食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム規格

ISO 22000
食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。HACCPの食品衛生管理手法をもとに食品安全のリスクを低減し、安全なフードサプライチェーンの展開を実現します。

対象組織 フードチェーンに関与する全ての組織(食品製造業およびそのサービス供給者を含む)
規格の特徴 HACCPの内容を全て含み、さらにマネジメントシステムの要素が加味された国際規格
サプライチェーン全体を対象としており、幅広い適用範囲を意図する内容
規格の狙い ISO 22000は、次の点を実現するための要求事項を定めています。
消費者に安全な食品を提供することを目的とした食品安全マネジメントシステムの確立
認証取得の効果
  • 食品の安全な提供に関するリスクの低減
  • 業務効率の改善や組織体制の強化
  • 仕事の見える化による業務継承の円滑化
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • 海外企業を含む取引要件の達成

FSSC22000概要

ISO 22000をベースに、より確実な食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム規格

FSSC 22000は、ISO 22000を追加要求事項で補強した食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。
GFSI(Global Food Safety Initiative)によって、ベンチマーク規格の一つとして承認されています。

対象組織 次の6カテゴリーの製品にかかわる製造業
  • 腐敗しやすい動物性製品(ハム・ソーセージや乳製品、水産加工物など)
  • 腐敗しやすい植物性製品(果物や野菜のジュースなど)
  • 腐敗しやすい動物性および植物性の混合製品(ピザやサンドイッチ、惣菜など)
  • 常温保存品(缶詰や砂糖など)
  • 化学製品(ビタミンや添加物など)
  • 包装資材(直接もしくは間接的に食品にふれるもの)
規格の特徴 ISO 22000の内容を包含し、さらにISO/TS 22002-1(またはISO/TS 22002-4)およびFSSC独自の追加要求事項が加わった国際規格
GFSI承認規格であり、世界の食品関連企業に支持が広がることが予想される
認証登録は製造サイト単位
規格の狙い FSSC 22000は、次の点を実現するための要求事項を定めています。
消費者に安全な食品を提供することを目的とした食品安全マネジメントシステムの確立
認証取得の効果
  • 食品の安全な提供に関するリスクの低減
  • 業務効率の改善や組織体制の強化
  • 仕事の見える化による業務継承の円滑化
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • 海外企業を含む取引要件の達成

HACCP(JFS/B)概要

JFS/Bは、コーデックスHACCPの要求事項に沿った衛生管理規格で、JFSの中で最も取得数が多いのが特徴。

食品衛生法HACCPの要求事項も包括している。

対象組織

食品製造

  • 腐敗しやすい動物性製品の加工
  • 腐敗しやすい植物性製品の加工
  • 腐敗しやすい動物性及び植物性製品の加工(混合製品)
  • 常温保存製品の加工

化学製品(食品に係る化学製品・生化学製品を含む)製造

  • 化学製品(生化学製品を含む)の製造
    (添加物、ビタミン、ミネラル、培養物、香料、酵素及び加工助剤等の製造)
規格の特徴
認証取得の効果
  • 食品衛生法HACCP制度化に対応
  • 実用性の面で人気がありJFS規格の中では取得数が最多
  • 国内のBtoB取引における信頼性が向上
規格の狙い 消費者に安全な食品を提供することを目的としたHACCPシステムの確立

ISO22000、HACCPとの関係

Copyright (C) 2020 山田コンサルティング事務所 All Rights Reserved.